WEB出願に進む

3つのポリシー【教育学部】

3つのポリシー

アドミッションポリシー

教育学部の学位授与方針、教育課程編成方針を定める教育に必要な内容を理解し、次の3点を満たす人を求める。

  • 1.教育の専門的な学習の基礎となる知識・技能を身につけている。
  • 2.身近な教育的課題を改善するために思考し、自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。
  • 3.地域を取り巻く教育に関心があり、積極的に他者とかかわり、対話を通じて学び続けようとする意欲を有している。

学校教育学科

求める人物像 総合型
選抜
学校推薦型
選抜
一般選抜 共通テスト
利用選抜

1.教育の専門的な学修の基礎となる知識・技能を身につけている人

2.身近な教育的課題を改善するために思考し、他者と協調できる人

3.地域を取り巻く教育に関心があり、主体的に問い、学び続ける人

カリキュラムポリシー

学位授与方針に掲げる能力を身につけるための教育課程を次の3点に基づいて編成する。

1.教育内容

  • 地域課題の解決につながる教養や、教育分野の専門的学識・技能を修得するための科目を編成する。
  • 実践の場でその活動を模擬的に試み、他者との交流を通した省察によって自らを振り返る授業を実施する。
  • 初年次から体系的な実践・省察を重視したカリキュラムを用意し、地域教育への関心・意欲を高め、学びを深める。

2.教育の方法

  • 知識・技能の定着を高めるために、講義科目においても双方向型の授業を展開し、修得した知識・技能は定期的に学生が振り返りを行う。
  • グループワークや問題解決型学習、プレゼンテーションの機会を提供し、知識・技能の活用を促す。
  • 授業で学んだ理論を教育現場で実践的に活用・体験する機会を1年次から提供する。

3.教育評価

  • 学期末試験のほかに、中間テストや課題、英語外部試験により修得度を把握し、評価結果を学生にフィードバックすることで知識の定着を図る。
  • パフォーマンス評価を導入し、卒業論文や各教科の指導法ではルーブリックを活用して評価する。
  • 実習において到達目標を示したうえで、外部からの評価と事前事後指導の取り組みも評価に加え、自己の成長を学生が評価するために、教職履修カルテ、振り返りシートを活用する。

ディプロマポリシー

地域社会に貢献する教育に関する専門性を身につけた人を育成するために、次の3点を定める。

  • 教育を担う人材として必要な、教養及び専門的知識・技能を身につけている。
  • 教育を取り巻く状況をよりよくするための思考力を持ち、他者と連携し取り組む能力を身につけている。
  • 地域社会が求める教育力において、主体的に探求し続ける能力を身につけ、貢献する意欲を有している。

共通要項